ニュース | 医療法人 和光会 一本松すずかけ病院

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院
ご相談・お問い合わせ(ソーシャルワーカー)

ソーシャルワーカーが受診や入院の相談や気になる事、 ご家族からのご相談に応じます。

検査科だより

検査科だよりVol.26 心臓超音波でわかること

2011/12/27

 心臓超音波検査(心エコー)は心機能の評価、特に弁膜症に対しては、心電図やX線写真などの各種検査のどれよりも診断能力が高く、重症度の評価から手術適応判定まで、必要な情報の大半を与えてくれます。
  しかも、胸の外から探触子をあてるだけでリアルタイムの画像を映し出すことができるのです。

 心エコーの評価できる内容は以下の通りです。

 ①先天性心疾患の有無
 ②心嚢液・腫瘍・血栓の有無
 ③左右心房・心室・大動脈の大きさ,心室の動きや壁の厚さ
 ④僧帽弁・大動脈弁・三尖弁・肺動脈弁の動き、弁膜症の有無

主な弁と弁膜症について説明します。弁膜症は心エコーが最も得意とする疾患です。

1.僧帽弁:左房と左室の間にある房室弁で前尖と後尖とからなっています。
僧帽弁狭窄症(MS)
リウマチ性炎症などにより、弁の癒合や硬化がおこり、弁口が狭窄するため、左房から左室への血液の流入が障害されます。そのため、左房が拡大し、呼吸困難、心房細動、右心不全などの症状が出現し、血栓を認めることもあります。
僧帽弁閉鎖不全症(MR)弁の閉鎖が不完全となり、収縮期に左室から左房への血液の逆流がみられます。そのため、左房の拡大が認められます(下図左)。

2.大動脈弁:左室流出路の最上部にあり、3つの弁尖からなっています。
大動脈弁狭窄症(AS)
:大動脈の硬化による狭窄があると左室にはかなりの高圧の負荷がかかることになります。そのため、著明な左室肥大を認めます。原因として、加齢による動脈硬化性のものが増えています。
大動脈弁閉鎖不全症(AR):大動脈の病変または周辺組織の異常が原因で起こり、大動脈から左室への血液の逆流がみられ、重症になるほど左室が拡大します(下図右)。

heart_01 heart_02
  図. 僧帽弁閉鎖不全症(左)と大動脈弁閉鎖不全症(右)

心エコーでは心肥大や心拡大の評価も重要です。
 心筋の収縮能が著明に低下することにより、左室腔内が著しく拡大する疾患を拡張型心筋症といいます。また、心筋の肥厚により左室内腔が狭小化し、拡張障害が起こる疾患を肥大型心筋症といいます(下図)。
 高血圧症では高血圧による慢性圧負荷状態が続くと、心臓のポンプ機能保持のため代償的に個々の心筋細胞が肥大し、左室に均等な壁肥大が生じた心肥大(高血圧性心臓病)となります。また、肥満を伴う高血圧症や重症例の場合には、圧負荷だけでなく容量負荷所見も加わり、左室の拡大を認めます。

heart_03
  図. 肥大型心筋症

heart_04

生活習慣病検査のお問い合わせは検査科まで

次回のテーマ : 膠原病について
医療法人 和光会 一本松すずかけ病院 〒825-0004 福岡県田川市大字夏吉142番地
外来受付 / 受診・入院のご相談 / お問い合わせ(代表)
TEL 0947-44-2150 FAX 0947-44-8251