ニュース | 医療法人 和光会 一本松すずかけ病院

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院
ご相談・お問い合わせ(ソーシャルワーカー)

ソーシャルワーカーが受診や入院の相談や気になる事、 ご家族からのご相談に応じます。

検査科だより

検査科だよりVol.31 ウイルス性胃腸炎

2012/11/29

◆ウイルス性胃腸炎とは

 感染性胃腸炎とは、嘔吐・吐き気・下痢・腹痛などの胃腸症状を主とした感染症です。そういった嘔吐や下痢を引き起こす感染症の原因はいろいろありますが、大きく分けて、ウイルス性のものと細菌性のものとに分かれます。
 細菌性胃腸炎は、O-157やサルモネラ、腸炎ビブリオなどの細菌が原因になり、特に夏場に食中毒などを引き起こします。ウイルス性胃腸炎は、ロタウイルス腸炎に代表されるように冬場に嘔吐や下痢の症状を引き起こしやすいものです。


◆どんなウイルスがある?

ロタウイルス
人に、感染するロタウイルスには、A群、B群、C群の3タイプあり、主にA群による胃腸炎の発生が多いといわれています。冬季に乳幼児の間で流行する下痢症の80%はロタウイルスが原因で、特徴として白色~黄色の水様状下痢便がみられます。
アデノウイルス
アデノウイルスは、1~41型に分類され、胃腸炎を起こす原因ウイルスは、40、41型です。ロタウイルスに次いで、乳幼児下痢症の重要な原因ウイルスとされています。
ノロウイルス(SRSV)
非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。カキなどの貝類による食中毒の原因になるほか、感染したヒトの糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染します。
アストロウイルス
乳幼児下痢症で、非ロタウイルス、非アデノウイルスが疑われた場合の原因ウイルスとして注目されています。

主なウイルス性胃腸炎の臨床的意義
 ウイルス名 ロタウイルス アデノウイルス ノロウイルス アストロウイルス
(A,B,C群) (40,41型) (SRSV)
罹患年齢 乳幼児 乳幼児 主に成人 乳幼児、成人
流行時期 冬~春 通年 秋~冬
感染経路 食物、水、糞便 糞便 生ガキ、二枚貝、
水、糞便
食物、水、糞便
便の性状 水様下痢 下痢(酸臭) 下痢 軽い下痢
白色~黄色便 (長期間)
症状 嘔吐、下痢、腹痛 嘔吐、下痢、腹痛 嘔吐、下痢、腹痛 嘔吐、下痢、腹痛
発熱、脱水症状 悪心、かぜの症状
潜伏期間 1~3日 7~8日 18~48時間 1~4日

 

◆治 療

 ウイルスの病気ですから、特効薬はありません
吐き気や下痢の症状に合わせて薬を使いますが、お薬より家庭での食事療法が大切です。吐き続けて水分がとれず、脱水が強い時は水分、電解質、糖質を点滴します。
嘔吐下痢症の治療のポイントはズバリ脱水を防ぐことです。

 
ウイルス性胃腸炎の多くの人は数日で回復します。しかし、小児、高齢者や持病のある人では脱水により病態が悪化したり、吐物を誤嚥して肺炎を併発したりする危険があり注意が必要です。

 

◆予防のポイント

1. 最も大切なのは手を洗うことです。特に排便後、また調理や食事の前には石けんと流水で十分に手を洗いましょう。  
2. 便や吐物を処理する時は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
3. カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心温度851分以上の加熱が必要です)
(※)ノロウイルスは、100個以下の少ない量でも感染が成立する感染力の強いウイルスです。症状のある人の便や吐物には、大量のノロウイルス(便1g中に1億個以上、吐物1g中に100万個以上)が含まれているので、扱う場合には十分な注意が必要です 。

参考:簡易なハイター等の薄め方】(市販の漂白剤:塩素濃度約5%の場合)

濃度(希釈) 希釈方法
0.02%(200ppm) 2リットルのペットボトル1本の水に10ml
(原液をペットボトルのキャップに2杯)
0.1%(1000ppm) 500mlのペットボトル1本の水に10ml
(原液をペットボトルのキャップに2杯)

0.02%・・・環境消毒に使用
0.1% ・・・・嘔吐物・糞便が付着した場合の処理に使用

生活習慣病検査のお問い合わせは検査科まで

次回のテーマ : 乳がんについて
医療法人 和光会 一本松すずかけ病院 〒825-0004 福岡県田川市大字夏吉142番地
外来受付 / 受診・入院のご相談 / お問い合わせ(代表)
TEL 0947-44-2150 FAX 0947-44-8251