ニュース | 医療法人 和光会 一本松すずかけ病院

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院
ご相談・お問い合わせ(ソーシャルワーカー)

ソーシャルワーカーが受診や入院の相談や気になる事、 ご家族からのご相談に応じます。

検査科だより

検査科だよりVol.33 腹部エコーでわかること

2013/07/10

この検査で調べられる臓器は多岐に及び、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺、さらに子宮や卵巣が対象となります。これらの臓器にできた結石、石灰化、のう胞、腫瘍などの病変を捉えることができます。また、機器の進歩もあって、従来調べられることの少なかった食道や胃、腸などの消化管も検査対象となっています。
なかでも胆石、早期肝臓がんの発見に有用です。胆石は、何らかの症状を認めずに、検診で初めて指摘される場合も多く、保有者の約10%は生涯、無症状で経過するといわれています。胆石などがあっても腹痛や黄疸などの症状がでなければ問題ありません。

 

 
 過去に健康診断で
★肝機能の異常(γ-GTP、GOT、GPTなどが高値)を指摘された方
★血液中のアミラーゼが高値といわれた方
★尿検査で潜血陽性、または蛋白が陽性といわれた方 

症状として
★食後に右上腹部の痛みを感じることがある方
★油っぽい食事をした後にお腹の痛み(背中側が痛むこともある)を感じる方
★体重が増えてお腹周りが以前より大きくなった方
★あおむけになった時におへその近くで硬いものが触れるようになった方

超音波(エコー)検査は臓器を目視できるので、何か異常があったときの早期発見につながります。特に肝臓は障害があっても最も症状が現れにくい沈黙の臓器です。また、C型肝炎ウィルスが原因となっている慢性肝炎は、肝硬変や肝臓がんに移行する確立が高いので、定期的な検査で早期の変化をとらえるために、この検査が頻用されています

図1:脂肪肝
図2:胆石
図3:胆嚢ポリープ

 

 
 ●食事
  基本的に絶食となります(緊急の場合は除きます)。前日の夜8時以降
  は、食べ物を口に入れません。
●内服薬
  普段服用されているお薬は飲んでも良いです。(但し、糖尿病で経口血糖
  降下剤やインスリンを服用の方は例外です。必ず医師と相談して下さい。)
●その他
 ①腹部超音波検査当日に内視鏡検査やCT・バリウムなどのレントゲン検査が
   ある場合は、超音波検査を先におこないます。
 
②下腹部の検査では尿が溜まった状態で検査をうけるようにして下さい。
   (尿検査がある場合は超音波検査後に採尿して下さい。

 

 
■検査時間は15分前後です。
■腹部にゼリーを塗布しプローブを軽く あて左右前後に移動
  させながら
腹部の各臓器をモニターを見ながらくまなく観察
  します。
■大きく深呼吸して、呼吸を止めている間動かない臓器を
  観察します。
■良好な画像が描出できるように仰向け、左側臥位、右側
  臥位などの
体位交換をおこないます

 

生活習慣病検査のお問い合わせは検査科まで

次回のテーマ : 認知症の診断と治療について
医療法人 和光会 一本松すずかけ病院 〒825-0004 福岡県田川市大字夏吉142番地
外来受付 / 受診・入院のご相談 / お問い合わせ(代表)
TEL 0947-44-2150 FAX 0947-44-8251