ニュース | 医療法人 和光会 一本松すずかけ病院

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院
ご相談・お問い合わせ(ソーシャルワーカー)

ソーシャルワーカーが受診や入院の相談や気になる事、 ご家族からのご相談に応じます。

検査科だより

検査科だよりVol.47 ピロリ菌

2016/06/01

title01
  pirori01-2
  pirori02
 title02
ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせん形をした悪い菌で、主に胃や十二指腸などの病気の原因になります。 子供の頃に感染し、一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌に感染すると、炎症が起こりますが、この時点では、症状のない人がほとんどです。 大人になってから感染すると激しい胃の症状をみることがあります。 さらにピロリ菌の感染が続くと感染範囲が「胃の出口」の方から「胃の入口」の方に広がって、慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)が進みます。この慢性胃炎が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がん、さらには全身的な病気などを引き起こすおそれがあることが明らかになってきました。特にピロリ感染は胃癌発症の最大要因であります
 title03
 pirori03  胃の中には、食べ物の消化を助け、食べ物の腐敗を防ぐために、胃液が分泌されています。胃液には、金属でも溶かしてしまう強い酸(塩酸)が含まれているため、胃の中は強い酸性(pH1~2)で、通常の菌は生息できません。 ピロリ菌が活動するのに最適なpHは6~7で、4以下では、ピロリ菌は生きられません。それなのに、なぜピロリ菌は胃の中で生きていけるのでしょうか? 秘密はピロリ菌がだしている「ウレアーゼ」という酵素にあります。この酵素は胃の中の尿素を分解してアンモニアを作りだします。アンモニアはアルカリ性なので、ピロリ菌のまわりが中和され、胃の中でも生き延びることができるのです。
title04
ピロリ菌はべん毛をスクリューのように回転させながら、らせん状の本体を回転させて移動します。スクリューを逆回転すればバックもできます。ピロリ菌はべん毛を1秒間に100回転くらい回転させて、自分の10倍ほどの長さを移動します。この移動の速さは、人間で言うと100mを5.5秒で泳ぐほどの猛スピードですから、オリンピックなら間違いなく金メダルです。べん毛は、胃の中でも酸の弱そうなところを探すセンサーの役割をしているという説もあります。べん毛の先端についている袋のような膜には、べん毛を胃酸などから守る役割があると考えられています。
  pirori04
  *ピロリ菌は、べん毛を使って前後に移動します。
 title05
 ピロリ菌は食べ物や飲み物から感染しやすいため、上下水道の普及率の低い、衛生状態の悪いところでは菌が繁殖しやすく、感染する人も多いとされています。
 また、同じ国の人でも経済状態の悪い地方ですと、ピロリ菌に感染しやすくなりますし、45歳以上で戦後の衛生状態が悪い時代に生まれ育った人も高い感染率を示しています。また、日本人の約50%以上がピロリ菌に感染しているとの調査結果もあり、中でも「50代以降では保持者が70%以上」とも言われています。  pirori05
 このように感染率の高いピロリ菌ですが、必ず胃潰瘍や十二指腸潰瘍になるわけではなく、感染している人の約5%の人が病気を発症するに留まります。
 特に慢性胃炎のため、胃痛、胃もたれ、不快感などの症状が続く人、胃潰瘍や十二指腸潰瘍と診断された方は、治療や再発を予防するために「ピロリ菌の除菌が望ましい」とされています。つまり、ピロリ菌に感染すると必ず胃腸の病気を発症するわけではありませんが、胃腸の病気を発症している人がピロリ菌に感染している確率は高くなります。

 

title06
  ピロリ菌を薬で退治することを除菌といいます。ピロリ菌の除菌により、関連する病気が改善したり予防できる場合があります。ほとんどのピロリ菌感染者は、症状もなく、健康に暮らしています。
除菌療法の対象となる人は、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎や胃潰瘍または十二指腸潰瘍の患者さん、早期胃がんに対する内視鏡的治療後の患者さんでピロリ菌に感染している人などです。なお、この除菌治療では、抗生物質による腸管刺激作用と腸内細菌叢のバランスの崩れなどにより、下痢を起こす頻度が比較的多く見られ、抗生物質にアレルギーのある方は治療でません。  pirori06
また、ある種の薬剤を服用中の方も、原則禁忌となる場合がありますので、主治医とよく相談して決めて下さい。

生活習慣病検査のお問い合わせは検査科まで

次回のテーマ : 血管年齢について
医療法人 和光会 一本松すずかけ病院 〒825-0004 福岡県田川市大字夏吉142番地
外来受付 / 受診・入院のご相談 / お問い合わせ(代表)
TEL 0947-44-2150 FAX 0947-44-8251