ニュース | 医療法人 和光会 一本松すずかけ病院

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院
ご相談・お問い合わせ(ソーシャルワーカー)

ソーシャルワーカーが受診や入院の相談や気になる事、 ご家族からのご相談に応じます。

検査科だより

検査科だよりVol.52 体臭について

2017/04/06

体臭とは?

 口臭や便の臭いを除いた、身体から発生する臭いのことを総じて体臭といいます。たとえばワキや足、汗臭さなど日常生活をしていて、自然と漂ってくる臭いだと考えればいいでしょう。この体臭というものはみんな同じように臭うわけではなく、一人ひとり、臭いの種類は異なります。
主観的な体臭と、客観的な体臭はなかなか一致しません。
例えば、臭いがきつくても全く気づかずに過ごしている人や、その反対に体臭はほとんどないのに、周囲の反応を気にし過ぎてしまう人などがいます。
人は慣れない臭いのなかで暮らしていても、次第にその臭いに慣れてしまうものです。
体臭が短期間に極端に強くなったり、臭いに変化を感じた場合には身体の臓器に問題が発生していたり、病気になっているサインであることがあります。
糖尿病にかかると甘酸っぱい体臭に変わり、腎臓の調子が悪いとアンモニア臭が強くなります。
image01

 

体臭の原因は大きく3つ

体臭の原因には、主に皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺が関わっています。

(1)皮脂腺が原因の体臭 

 皮脂腺からでる皮脂は、肌を脂で被い、乾燥から肌を守ってくれています。
ただし、皮脂には「皮脂酸」が含まれています。空気と触れあった脂肪酸が酸化して、過酸化脂質に変化します。この過酸化脂質がいやな臭いを放つのです。
脂質の分泌量が正常であれば、臭いはひどくならないのですが、体質や生活習慣などで分泌が過剰になってしまうと、過酸化脂質の臭いが身体から漂うようになります。

 (2)エクリン腺が原因の体臭

 エクリン線から出る汗は、ほとんどが水分です。
気温の上昇によって出たり、緊張時の冷や汗、辛いものを食べたときなどの味覚からくる汗など、たいていの汗はこのエクリン線からでています。
出てきた瞬間はほぼ無臭です。そのため、すぐタオルなどでふき取れば問題ありまん。臭いを発してしまうのは、放置することで汗の中で雑菌が繁殖してしまうからです。雑菌が増えるにしたがって臭いは強くなります。

 (3)アポクリン腺が原因の体臭

 分泌物は、アポクリン線のなかにとどまっている分には匂いを発生させることはありません。アポクリンから出た汗が、皮脂腺から分泌された脂肪酸と混じり合い、雑菌を繁殖させることで、あの苦いような臭いのするワキガが発生するのです。
アポクリン線の数には個人差があり、ワキガが強い方は、このアポクリン腺の数が人より多く、またワキ毛も発達しています。アポクリン腺から出た汗がワキ毛にたまることで、ワキガが強くなってしまいます。

 

image02-1

image02-2

 

image03-1

生活習慣病検査のお問い合わせは検査科まで

次回のテーマ : 夏バテについて
医療法人 和光会 一本松すずかけ病院 〒825-0004 福岡県田川市大字夏吉142番地
外来受付 / 受診・入院のご相談 / お問い合わせ(代表)
TEL 0947-44-2150 FAX 0947-44-8251