ニュース | 医療法人 和光会 一本松すずかけ病院

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院
ご相談・お問い合わせ(ソーシャルワーカー)

ソーシャルワーカーが受診や入院の相談や気になる事、 ご家族からのご相談に応じます。

検査科だより

検査科だよりVol.59 危険な外来生物について

2018/06/18

外来生物とは

「外来生物」とは、外来生物法では、「海外から我が国に導入されることによりその本来の生息地又は生育地の外に存することとなる生物」と定義されています。
こうした、日本にやってきた外来生物が、何らかの理由で自然界に逃げ出すことがあります。多くはそのまま生き続けることや、子孫を残すことが難しいと考えられていますが、定着することができる生物もいます。
定着したすべての外来生物が周囲に悪影響を及ぼすわけではありませんが、ときには地域の生態系や人間の健康、農林水産業などに大きな被害を及ぼすことがあります。外来生物法では、こうした被害を及ぼす、又は及ぼすおそれがあると認められる外来生物を、「特定外来生物」として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入といった取扱いを規制しています。

外来生物による被害

生態系への被害 
捕食したり、餌を奪ったりすることなどにより、 もともとその地域にいる生物を駆逐してしまう。
[外来トカゲ]
人の生命、身体への被害
毒を持っている外来種にかまれたり、刺されたりする危険がある。
[ヒアリ、セアカコケグモ]
農林水産業への被害
農林水産物の食害や、畑の踏み荒らしなどで、収穫量の減少につながる。
[アライグマ]

image09

image01

image02

ヒアリの特徴と見分け方

赤っぽくつやつやしている。お尻の部分は暗めの色。大きさは2.5mm~6.0mm 原産地:南アメリカ
腹柄が2節(2個こぶの様になっている)
日本の在来種と異なり、土で大きなあり塚を作る(ドーム状)
攻撃性が強く、棒などでつつくと集団で出てきて襲いかかる。
image03-2

 ヒアリに刺された時の症状

◆刺されてすぐにすること

症状のでかたには個人差がありますので、みんなが重症になるわけではありません。
まず刺されたら・・・安静にする。虫刺され薬を塗る。刺された部分を冷やす。
20~30分様子を見る。一人でいないようにする。

新しい画像 (5)

■1.強い痛みが生じる
お尻の毒針で刺されると火傷のような強い痛みが生じます。「火蟻(英語名:ファイアーアント)」の命名の由来にもなっています。

■2.蕁麻疹が出る
かゆみが生じ、数分から数十分後に腫れが広がって蕁麻疹が出ます。一匹のアリが何か所も立て続けに刺すことができます。

■3.膿ができる
・24時間後:小さい白い膿の溜まりができる
・1週間以内:膿が破れる
・1カ月後:小さい跡を残して腫れは消える

新しい画像 (4)

■アナフィラキシー症状
・呼吸困難
・血圧低下
・動悸
ショックから昏睡状態になり死亡する例もあります。

ヒアリの毒にはハチの毒と共通する構造があり、ハチに刺されたことがある人やハチアレルギーの人は特に強いアレルギー症状を表しやすいと言われています。
20~30分様子を見て症状が悪化しなければ慌てずに病院を受診しましょう。悪化した場合はすぐに受診しましょう。

アナフィラキシーとは

image04-2 アナフィラキシー

ヒアリから身を守る方法

・アリ塚を見つけたら近寄らない
・熱湯をかける
・アリ用の殺虫剤をまく
・履物や服装に注意する。 屋外を歩くときはサンダルではなく靴を履く
・庭仕事など作業をするときは靴下、長袖、長ズボン、手袋をする

 

image10

image05

メスの体長は、約0.7~1.0センチメートルで全体が黒色で腹部の背面と腹面に赤色の模様があります。オスの体長は、0.4~0.5センチメートルで腹部の背面は灰白色をしています。(田川市ではH25、H28に1件ずつ認められた報告があります)

生息場所

 住宅の周囲(南側の日当たりの良い場所)   その他の場所(公園など) 
・植木鉢、プランターの持ち手や裏
・使っていない自転車
・自動車のタイヤ周りやバンパーの裏
・外に置いているサンダル
・すべり台のスロープの裏や階段部分
・跳び箱として利用されているタイヤの内側
・ベンチの裏
・低木の下
・擁壁に設けられた排水口
 image06  image07

 セアカゴケグモに咬まれたときの症状と処置症状

ほとんどの場合、咬まれた瞬間に針で刺されたような痛みを感じます。その後、30分から40分して、鈍い痛み、熱感、赤み、腫れ、発疹、発汗(傷口周辺)が現われることがあります。
重症化することはまれですが、30分から2時間で、激しい筋肉痛(胸痛、腹痛)、けいれん、吐き気、血圧上昇、呼吸困難等が現れることがあり、特に、小児や高齢者が咬まれた場合は、注意が必要です。このような症状が現れた場合は、できるだけ早く、救急病院で受診してください。
回復には個人差があり、数時間~数日、場合によっては数週間~数か月かかることもあります。

その場で出来る処置

咬まれた時は、温水や石けん水で傷口をやさしく洗い流してください。
また、傷口を氷で冷やすと痛みが和らぎます。そして、病院で受診してください。
受診の際は、より適切な治療のため、殺虫剤等で殺したクモを出来るだけ持参してください。

生活習慣病検査のお問い合わせは検査科まで

次回のテーマ : 秋の夜長の睡眠のコツについて
医療法人 和光会 一本松すずかけ病院 〒825-0004 福岡県田川市大字夏吉142番地
外来受付 / 受診・入院のご相談 / お問い合わせ(代表)
TEL 0947-44-2150 FAX 0947-44-8251