ニュース | 医療法人 和光会 一本松すずかけ病院

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院
ご相談・お問い合わせ(ソーシャルワーカー)

ソーシャルワーカーが受診や入院の相談や気になる事、 ご家族からのご相談に応じます。

検査科だより

検査科だよりVol.61 吹田スコアの有用性について

2018/11/05

今年度、全国学会で「当院での一般健診集団による吹田スコアの有用性」を発表しました。そこで、「吹田スコア」とはどういったものであるかを報告します。

image01-2

【背景】

本邦において有病率が高く、死亡原因としても多くの割合を占める、心血管病はリスクとして、高血圧症、糖尿病、脂質異常症、喫煙、肥満などが上げられている。これらは重複することで、より動脈硬化が進み、心血管病の発症リスクが上昇することが判明している。

しかしそのリスクを複合的に評価することは未だに困難なままである。

吹田スコアは冠動脈疾患の予防を目的として、年齢、性別、喫煙、高血圧症、糖尿病、脂質異常症、慢性腎臓病のリスクを点数化してその和を評価するものであり、心血管病リスクを複合的に評価できる新しい指標として期待されている。

当院では動脈硬化を評価する検査として脈波伝播速度検査(baPWV)と頸動脈超音波検査による内膜中膜複合体(IMT)の評価を行っている。

どちらも低侵襲で比較的簡便に施行できる検査であり、動脈硬化リスクが高い患者においてまず施行すべき検査と考える。特にmaxIMTは脳卒中の発症との関与も示されており、極めて有用な検査である。

そこで我々はより重度の心血管病リスクを有する患者を検出できるようにするために、吹田スコアとbaPWVおよびIMTの関係を当院で行った健診集団で調査することにした。

【対象】

生活習慣病検査を初めて受けた406名(男性116名 女性290名 平均年齢61歳)

【方法】

吹田スコアとPWVおよびIMTの関連について調べた。

baPWV: 左右の平均値を評価した。
Mean IMT: 左右それぞれで総頚動脈長軸における1cm離れた3か所のIMTの平均をとり、さらにその左右の値の平均値とした。
Max IMT: 左右の総頚動脈、頸動脈洞、内頚動脈のIMTの内、最も大きい値とした。

image02

image03

image04

【考察】

・吹田スコアとbaPWV、mean IMT、max IMTは正の相関を認めた。

・吹田スコアによって分けられた3群と各種指標との比較では、中リスク群以降では頸動脈超音波検査で異常所見を認める可能性が高く、積極的に頸動脈超音波検査を行うことが推奨される。

・吹田スコアは冠動脈疾患のイベント発症を予測することができるが、脳卒中のイベント発症については検討されていない。

・脳卒中の発症リスクに関してはmax IMTがリスクの指標になるという報告もあり、こうした各種指標を組み合わせることで、心血管病リスクの複合的な評価が可能になると考える。

【結語】

当院における健診集団において、吹田スコアとbaPWV、mean IMT、max IMTは有意な正の相関を認めた。

吹田スコアは冠動脈発症リスクのみならず、脳卒中を含めた心血管病リスクの評価に有用な可能性がある。

image06image05

image07

生活習慣病検査のお問い合わせは検査科まで

次回のテーマ : 肝臓の働き
医療法人 和光会 一本松すずかけ病院 〒825-0004 福岡県田川市大字夏吉142番地
外来受付 / 受診・入院のご相談 / お問い合わせ(代表)
TEL 0947-44-2150 FAX 0947-44-8251