ニュース | 医療法人 和光会 一本松すずかけ病院

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院
ご相談・お問い合わせ(ソーシャルワーカー)

ソーシャルワーカーが受診や入院の相談や気になる事、 ご家族からのご相談に応じます。

太陽と風と仲間

太陽と風と仲間 Vol.4

2010/05/19

 皆様、お久しぶりです。
 前回から半年弱の時間があっという間に流れていきました。
 ゴールデンウィークが終わり、ようやくその季節らしい天候になって来たようにに感じる今日この頃です。

 新しい職場に入られたフレッシュパーソンの皆さん、お仕事に慣れてこられましたか?
 疲れも出てきた?そうですよね。仕事パターンに身体が慣れるまで時間が必要ですよね。 

 さて、前回、平成21年11月26・27日に第2回管理者研修会を開催したこと、2日目にSWOT分析の演習を行ったことをお伝えしました。その後のことですが、看護部師長会は1日間、再度具体性を持った活用が出来るようにと研修会を持ちました。

 当院は看護師長が管理当直を行っているため、1泊研修をすれば誰かが当直に残らなければなりません。そのため、もう一度全師長が顔をそろえ、管理者研修会で学習したことを確認共有する必要があったのです。
 おかげさまで一本松すずかけ病院の方向性を確認し、看護部は何を大切にしてスタッフを育て、患者さんが必要としているケアを提供していくのか?について師長間で大方の一致点に至り有益な時間にすることが出来たと感じています。

 管理者研修会でSWOT分析を演習したことで、一本松すずかけ病院内では発展と展開をしながら進化していこうとしています。

 元々、当院では数年前から各部署で立てた年間業務計画を、院長・事務長・看護部長同席による各部署長のヒアリングを個別に行っておりました。個別のヒアリングの良さもありますが、病院全体でさまざまなことを共有していかなければ病院運営は出来ないし、スッタッフの力を発揮することは出来ません。

 それで…今年からは業務計画の発表会をすることにしました。

 一般の企業はもちろんのこと、病院によってはとっくに取り組んでいる施設もあるかもしれません。

 今年はまずやってみて…というところからスタートです。

 ちなみに今年度の業務計画は…

 3年後のビジョン

 進化すする治療型病院として地域精神医療の中核を担い、地域から頼られる一本松すずかけ病院となる 

 22年度全体方針 (挑戦~創造~進化)

 新しいものにチャレンジし、着実に進化していく病院

 ~進化する治療型病院としての体制づくり~

 というテーマが打ち出されました。
 各部署長は各部署でスタッフとともに、テーマに沿って業務計画をまとめ、発表会に向けて準備を整えていることでしょう。

 発表会は6月4日(金)・11日(金)の午後からです。

 発表会が終わると全職域対象の新人研修が5日間の日程で始まります。
 きっちりと時間管理をしないと仕事に追われてしまいます。

 もうすぐ夏!です。夏のまばゆい季節を楽しむために時間管理はバッチリといきたいですが、習慣は中々変えられません。

 認知行動療法を自分に課して・・・また、お知らせをいたします。

(記 看護部長  西 豊子)

医療法人 和光会 一本松すずかけ病院 〒825-0004 福岡県田川市大字夏吉142番地
外来受付 / 受診・入院のご相談 / お問い合わせ(代表)
TEL 0947-44-2150 FAX 0947-44-8251